So-net無料ブログ作成
検索選択

8月になってまた続きを書きます。。その31 [日記]

そう、大事なことを忘れていた。

「お父さんはどうしたいのか?」

あのね、施設にもどるか、・・・・病院に行くかどっちがいいか。

本人にだって権利はある。

その時はまだ意思疎通があったので聴いてみた。

「・・・・病院」

そうなんだ。

昔から几帳面で

悪いところがあるとすぐ医者にかかっていた。

「お医者さんが好き」っていうか

安心できるのかもしれない。

偶然にも

その病院は10年ほど前にかかりつけの病院の紹介で

高血圧のため緊急入院したことのある病院だった。

そんなことがあったのか。。

家族は私に知らせていなかった。

経口栄養を取り

少し元気になってリハビリも導入され

安心して帰って行った1週間後位経った頃だろうか。

ある日の午後病院から電話があった。

「呼吸状態が悪いので酸素吸入をしている」と。

誤嚥性の肺炎を起こしているそうだ。

明日でもいいのかどうか。

「いやなるべく早く」

取るもとりあえず

4時半頃には病院に着いていた。

ICUにいた。

「おとうさん、おとうさん」

目を開いていたがわかったのかわからないのか。

目に涙をためていた。

吸入器に鼻が当たっていて内出血している。

辛いのか苦しいのか。

ティッシュでそっと涙を拭いてあげた。

触ってもいいですか?

腕やほおをなでてあげた。

ICU担当の医師は

昔入院した時に診ていただいた医師で

父のことを覚えていた。

そのころからみるとずいぶん変わり果ててしまっていた。

一時期は肺が真っ白で意識不明になっていたけど

持ち直して血圧も良好で

良い方向に向かっていると。

よかった。

このまま点滴で栄養を取り肺炎が治って良い状態が続けば

また病棟に戻れるという。

本当に良かった。

他の患者さんがいるため

長い時間はいられないのだ。

医師からの促しもあり

仕事があるので

一旦家に帰ることになる。

その続きはまた。


nice!(26)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 26

コメント 2

モッズパンツ

いろいろ大変ですね。お忙しくおひとりで頑張っていらっしゃいますね。休めるときにはゆくーりリフレッシュして元気出して下さいね。Far-East さんが書いている記録は今後同じ状況の人たちの励みにもなると思います。明るく元気に行きましょう。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2016-08-01 22:39) 

Far-East

モッズパンツさん
ありがとうございます。
今日も色々あったけど
もう少し経ってから書くことになります。
明るく元気かー。。
なかなか難しいけど頑張ります。。
by Far-East (2016-08-03 21:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。