So-net無料ブログ作成
検索選択

28の続きを書くと。。その29 [日記]

父親のいる病院はあまりにも衛生的ではないため

母親のいる病院への希望を出したら(認知症専門だが内科もある)

順番待ちでならと許可がでた。

その間、ちょっと不自由だけど

我慢してもらおうかね。。

ある日のこと鼻毛とかひげがあまりにも伸びていた。

慣れない手つきで

電動ひげそりを使い、ハサミで鼻毛をカットしてあげた。

ちょっと気持ちがよさそうだ。

 空家のことも不動産屋さんや行政書士さんに会い、

色々と動いていたため

父親に尋ねてみた。

「もう子供達に家は譲ってくれる?」

父は手で振り払う仕草をした。

きっと家に帰りたいのだろう。

いや、まだまだお前達なんかには任せられないよ。

そう言っているのだろうか。

家の除草とか、外の庭にあったがらくたの処分、雨どいの補修。

色々と頼んであって、だいぶきれいになろうとしていた。

あとは中の荷物の整理ですね。

25年も住んでいた家で

荷物や家具が多くなかなか大変なので専門の業者に見積もりをしてもらっていた。

「きれいにしているから安心して。」

お金のことも良く気にしていた。

「大丈夫だから。」

うんうん、とうなずいた。

大好きなアンパンを食べたいようですが

まだそんな状態ではなく

流動食をのどから流し込んでいた。もうちょっと待って欲しい。もう少しだよ。。

また来るね。

内出血の酷い、父の細い手をそっと握った。

続きはまた。


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。