So-net無料ブログ作成
検索選択

その後の経過はどうなったか・・・その26 [日記]

技術的にも設備的にも

最先端の病院

父は食道ろうの手術を受けることになった。

看護師が2時間おきに巡回し

4人部屋と言ってもかなり広くて負担に感じない。。。

しかし以前からの歯ぎしりが酷く

周りに迷惑をかけていた。

歯科の先生に見てもらい

マウスピースをつけてもらった。

保険適用なので

確か5千円かからない位で作った。

施設に来てもらっている歯科医師はだめだ。何もしてくれないでいた。

そして担当の医師から

口の中が非常に汚れていたことも告げられた。

施設選びについて問われたら

真っ先に言うと思う。

「口腔ケアがちゃんとしているところ!」と

父のいた施設は

24時間看護師常駐といっても

夜間は手が少なかった。

どこもそうかな。

夕食の時間に訪ねたら

10人食べているところに

介護士一人くらいしかいなくて

介護士さんは走り回っていた。

まともに歯磨きをしたことはあったのか。

そういえば

歯ブラシの交換を告げられたのは1年後くらいだ。。

ばい菌が口の中にあると

誤嚥した時

体の中にばい菌が入りこんで

病気になったりするそうだ。

もっとよくみてあげればよかった。。

そういえば

ここのところ良い介護士さんや

ケアマネージャーさんが

数人辞めていったことがあった

何かあったのだろうか。。

手が無くて外部から頼んでいる介護サービスもあった。

うーん。

ケアマネージャーは施設に留まる事を勧めていた。

しかし

食道ろうになると話は別だ。

病院の相談員さん、内科の担当医と話した。

この病状だと

まず老人保健施設や特別養護老人ホームは

受け入れしないそうだ。

 あとは看護師常駐の今の施設か

療養型の病院のどちらか。つまり終末まで診てくれる病院だ。

数ある施設の中で

よそを探すのはもう不可能に近い。

ため息をついた。

病院は決まるまで入院してもよいというが

施設や病院に2重払いが重くのしかかっている。

何しろ最先端なので

洗面具、着替え、おむつなど

入院に必要なセットは1日一定の価格で毎日支給してくれる。

必要なものはほとんどいや全く買わずに済んだ。

高いけどあまり来られないので仕方なかった。

「1年半前は介護2!?」

医師が驚いていた。

ほんのわずかな期間で

寝たきりに近い状態になった父。

施設が辛かったのかどうか。

「やっぱり家はいい。」

そう言って座イスに座ってテレビを観ていた父を思い出した。

相談員さんが

療養型の病院についていくつか提案してくれた。

施設はもう辞めようと決めていた。。

その続きはまた明日(かもねと言っておきましょう。。)

おやすみー。


nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 18

コメント 2

jljlmatu

far-eastさん。お久しぶりです。

この記事をみて、私の父のときのことを思い出しました。そう、”胃ろう”、私たちも勧められました。あれにすると、食事は注射器で”ちゅー”とする食事方法になるので、介護する手間はすくなくなる、とか。でも、食事をする楽しみがなくなるので、どうかな、と考えた記憶があります。(結局ことわりましたけれど。。。)

近所の火事。ほんとこわかったですよ~
by jljlmatu (2016-05-12 01:05) 

Far-East

jijimatuさん

ほんとうに火事にならなくてよかったですねー。
以前住んでいたところも近所で火事があって
確か魚のグリルの火がついたままだったと。

胃ろうについては手術できなくて良かったのかな。
その後についてはまた・・。

by Far-East (2016-05-12 08:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。