So-net無料ブログ作成
検索選択

じゃあ今年のお正月は何があったのかさかのぼって書いてみよう。その22 [日記]

珍しく引き続き書いています。

ここのところ疲れて

左手の感覚が無いんですよね。。

3連休になるので

少し休めば良くなるかもしれません。

昨年は元旦に母親の骨折があったので

今年もなんとなく覚悟していました。。

十日過ぎまでは何事もなく

次女とのんびりと買い物をしていたその時

携帯の電話が鳴った。

数回同じ着信履歴があった。

お昼少し前。一月の半ば頃でした。

今度は父親だった。

朝、言葉にろれつが回らなくておかしいので

救急車で緊急搬送されていたそうだ。

付添の介護士さんからの電話だった。

ああっ・・。

ものすごく後悔した。

冬頃

右手がしびれがあって利かないと

介護士さんから聞いていた。

しかし丁度転職したころで忙しく

かかりつけの内科医の指示を待って

様子を見ることにしておいたのだ。

要するに放置してしまっていた。

内科医が週2で来るので安心していたのですが

こういうことってよく原因がわからないんだそうだ。

だから早く整形外科に連れて行けば良かったのだ。。

たまに来て

十数人いる老人の様子などいちいち把握できないのもわかる。

血圧も脈も正常だったそうだ。

さてそうなると

無茶苦茶準備が早い私だ。

子供達に昼食の準備を託して

丁度帰省していた主人は全く当てにせず(!)

「お金貸してー。」

だけ頼んで

新宿まで向かった。

やっぱ東京駅まで行って新幹線に乗ることにしよう。

駅の窓口で切符の支払いをしていると

また電話が・・・・。

ああっ・・・。もしや・・・・?

駅の窓口にいたからすぐには出られなかった。

しかし鳴り続ける携帯の着信音・・・・。

しばらくぼんやりと見つめてしまっていた。

まさかまさかまさかまさか。。。

間に合わなかったのか??

聴きたくない。聴きたくない。聴きたくない。

電話に出たくないんだ。

やめてくれやめてくれやめてくれよっ。。

もうその場で倒れそうだった。

しかしとうとう

電話に出てしまった。

付添の介護士さんからだ。

「なっ・・・何?]

思わずタメ口で震える声で話した。。

「私は一旦帰りますがいいでしょうか?」

はあーー。なんだっ。ほっとした。。

「もちろんです。ありがとうございます。」

丁寧にお礼を言った。

それでもって

お昼も食べないまま

新幹線に飛び乗った。

続きはまた明日(の予定)

では皆さん良い休日をお過ごしください。。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。